◆日時:2020年8月29日(土)15:00~17:00

◆形式:ZOOMオンライン形式(zoomへのリンクは開催1週間前を目途にお知らせいたします。)

◆話題提供1:(株)資生堂(S/PARKミュージアム担当) 櫻井英里 氏
テーマ:「インターネット検索による直近5年の化粧文化トピックス」
・研究テーマの概観  ・文献紹介:美人と美しい人、化粧の低年齢化

◆話題提供2:當山りせ 氏(都留文科大学4年生)
テーマ:「現代社会で求められる子供らしさとは何か~化粧の低年齢化に関する議論から考える」

話題提供のあと、参加者全員で話し合います。

◆お申込:参加をご希望の方は、世話人にお問い合わせください。
または、公式サイトの「お問い合わせ」から申し込みください。

化粧文化研究者ネットワークのご紹介とお願い

化粧文化研究者ネットワークの設立は、2005年に遡ります。当ネットワークは、化粧の研究者だけでなく、商品開発にかかわる方々、実際にお仕事とされる方々などが100名近く集まっております。

年4回催す研究会(春・秋の2回は大阪、夏・冬の2回は東京で開催)では、化粧文化に関係する専門家をお招きしてお話をうかがうほか、関連する企業、美術館や博物館などの機関を見学するなども含め、多様な活動を行ってまいりました。

昨年2019年6月には、横浜にある資生堂S/PARKで化粧文化研究会通算50回を記念する学術集会「化粧文化研究の未来を考える」を行い、次の50回に向けて鋭意活動を展開中のところ、みなさまご存じの新型コロナウィルスを原因とするパンデミック状況に見舞われ、一時活動を中断しておりました。

しかし、この状況下であるからこそ、化粧関連の話題も多いのではないか、これまでにも増して研究活動のチャンスにすべきではないか、あるいは、これまでの研究状況の振り返りの機会を持ってはどうか、など多くの声に肩を押され、この8月から研究会活動を再開することにいたしました。

今回、ご講演あるいは話題提供等の形でご協力くださるみなさま方には、こころから感謝申し上げるとともに、引き続きご協力、ご支援くださるようお願い申し上げます。

2020年7月7日
化粧文化研究者ネットワーク・代表 北山晴一